ミドリムシは食品だけじゃない!遺伝子組み換えによる燃料活用に期待活用 | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ミドリムシは食品だけじゃない!遺伝子組み換えによる燃料活用に期待活用

ミドリムシは食品だけじゃない!遺伝子組み換えによる燃料活用に期待活用

ミドリムシが注目されている理由は、栄養価が高いからだけではありません。

さらに、飛行機を飛ばすために使われているジェット燃料に近い油を体内に蓄えているという理由があります。
飛行機
最近では世界的な燃料の枯渇問題に対して、さとうきびやトウモロコシなどの食品から作るバイオ燃料の活用が研究されています。

ここで一つ問題が出てきます。燃料にするという事は、量がないと使えないという事です。

いくらミドリムシの体内にある油がバイオ燃料として使えるからといって、少量だけでは使えません。

そこで一つの解決策として、遺伝子組み換えによる大量生産という事が出てきます。

遺伝子組み換えして、人工的に培養しやすいミドリムシのDNAを作り出す事が出来れば、燃料の枯渇問題も解決されるのではないかという事です。

また、ミドリムシは栄養価の高い生物なので、大量に生産出来れば世界中から飢餓を無くせる可能性も出てきます。
食材
ミドリムシはそれだけ食べていればとりあえず生存に必要な栄養は摂取出来ると言われています。

つまり、バイオ燃料かつ完全栄養食品としてミドリムシが使えるのではないかという事です。

ただし、遺伝子組み換えには大きな課題があります。それは、人体や環境への影響です。

生物の遺伝子を人間にとって都合の良いように組み替えれば、確かに一時的に問題は解決したように見えます。

しかし、その表面化では、人間のDNAに影響を与えたり、自然環境に変化を与えるなど、本来ならばあってはならない事が起こる危険性もあります。
shutterstock_294479078
遺伝子組み換えしたミドリムシをバイオ燃料として使うならばまだ影響は少ないかもしれませんが、食品として使うのには抵抗があります。技術的には可能であっても、人体や環境への影響を考えると、そう簡単には決行出来ないのです。

現在流通しているミドリムシ食品そのものは、販売から何年か経っていますが、大きな副作用などは起きていません。

研究機関では急性経口毒性試験、アレルギー試験、菌類や重金属の測定と経口投与試験、など多方面から安全性を確認しています。

それだけチェックされてから使われているという事です。

ただ、今後遺伝子を操作して培養されたミドリムシが出てくれば、状況はまた変わってくるでしょう。

遺伝子操作をする事は、見えない所でじわじわと影響が出てくるのが怖い所です。

安全に燃料や食品のための大量生産が可能になるには、まだまだ時間がかかりそうです。

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.