ミドリムシの大量培養で医薬品や食品開発も実現に | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ミドリムシの大量培養で医薬品や食品開発も実現に

ミドリムシの大量培養で医薬品や食品開発も実現に

その体は藻類でありながら、自らも移動することができる不思議な微生物が「ミドリムシ」です。このミドリムシは「奇跡の生物」と呼ばれ、将来的に訪れるであろう人類の栄養不足や燃料不足、また二酸化炭素の増加など、地球全体脅かす問題において、解決してくれる可能性を秘めているかもしれないのです。では一体、ミドリムシのような小さな生物がどのように救世主になるというのでしょうか。
注目したのはミドリムシの持つ栄養成分とその特徴にあります。ミドリムシには、その小さな体の中にビタミン・ミネラル・アミノ酸・不飽和脂肪酸などの栄養素が59種類も含まれていると言われています。そしてこれらの栄養素の中には、必須アミノ酸やDHA・EPAなど、人間の体内では作りだすことができない成分や、動脈硬化などの生活習慣病を改善させる効果のある成分などがバランス良く含まれている抜群の栄養素なのです。そのため、この生物を培養して医薬品や食料品に配合させる研究がなされてきました。

ミドリムシは人間に必要な栄養素十分に備えているだけではなく、自信は細胞に植物のような細胞壁を持たないため、細胞を自由に変形させて移動することができる特徴ある生物です。また、このことは体内に摂取すれば細胞壁を持たない分消化率は93%と、そのほとんどを消化吸収することが可能なのです。
人間が必要とする摂取量は粉末にして約1gととても少量で、これを食品に例えると、ほうれん草50gの鉄分・豚レバー50g分のビタミンB1、さんま50g分の葉酸が含まれていると言われています。しかし粉末1gに対し、ミドリムシは約10億匹分が必要となります。
ミドリムシを培養する研究はすでに世界中で進められており、食品開発の研究も50年も前から行われてきています。しかし、栄養豊富なこの生物は人間以外にも貴重なごちそうでもあり、細菌やバクテリア、またプランクトンによってすぐに食い尽くされてしまい、小さじ1杯程度培養するのにおよそ1か月もかかるなど、なかなか大量に増やすことができませんでした。

しかし、2005年に東京大学発のベンチャー企業である「株式会社ユーグレナ」という企業が、この生物だけが繁殖する培地の開発に成功したことで、屋外での大量培養が可能となったのです。これは世界初の快挙であり、その後の医薬品や食品開発の糸口となったのです。
この企業の社長はバングラディシュ旅行がきっかけでこの研究・開発を始めました。貧しい国でありながらお腹いっぱい食事をしているのに、栄養失調になる子が多いのはなぜかと考えたとき、それは栄養が十分に足りていないことでした。そんな時にミドリムシの存在を知り「コレだ」と思ったそうです。
小さじ1gで豊富な栄養素が取れ、抜群の消化吸収率を誇るミドリムシは、これからもさまざまな製品に利用され、人類の救世主となっていくことでしょう。

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.