ユーグレナ(ミドリムシ)に含まれる多様な栄養と細胞膜 | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ユーグレナ(ミドリムシ)に含まれる多様な栄養と細胞膜

ユーグレナ(ミドリムシ)に含まれる多様な栄養と細胞膜

ユーグレナとは?

ユーグレナ(euglena)というのは、ミドリムシの学名です。

ムシとついているので昆虫を思い浮かべてしまいますが、ワカメや昆布などと同じ仲間に分類されます。

最大の特徴は、動物と植物の両方の性質を持っているという所です。

ユーグレナ(ミドリムシ)の可能性

環境 食べる
そもそも、ユーグレナ(ミドリムシ)は世界から飢餓を無くそうという目的で培養され始めた存在です。

さきがけとなったのはベンチャー企業で、最初は2人だけの会社でした。一人が社長、もう一人は技術者、という二人だけの体制で研究と資金集めを行っていました。

飢餓を無くせる可能性があるという事は、それだけ栄養価の高い存在という事です。

ユーグレナの大きさはたった0.05mmしかありませんが、その中に人間の生存に欠かせない栄養素を59種類も含んでいると言われています。

ミドリムシがワカメや昆布よりも注目されているのは、動物の性質を持つ所です。

そのため、ビタミンやミネラルだけではなく、アミノ酸や不飽和脂肪酸、その他の特殊成分なども含まれています。

ユーグレナ(ミドリムシ)と細胞壁

草 牧草
また、吸収効率の高さも注目されています。

植物には細胞壁があります。細胞壁は一つの細胞の周りを取り囲み、ビタミンや葉酸など閉じ込めています。

そのため細胞壁が邪魔して、植物の栄養は人間にとっては消化しづらいです。

しかし、ミドリムシは細胞壁ではなく細胞膜で一つの細胞が取り囲まれています。

細胞膜は動物の細胞を取り囲んでいます。人間には細胞壁を消化する酵素がないので栄養の吸収効率が落ちてしまいますが、細胞膜は分解する必要なく取り込めるので、吸収効率が高くなると考えられています。

ユーグレナの独自成分

女性 評判
栄養を効率よく消化吸収する効果の他に、独自の成分「パラミクロン」という物質も注目されています。

ミドリムシは動物でありながら植物なので、光合成もします。

光合成によって作られた糖を貯めておくための成分がパラミクロンです。

パラミクロンは炭の表面のように、無数の小さな穴が開いています。

炭の場合はこの穴に臭いの成分を吸着させて消臭しますが、パラミクロンは同じような作用で穴に老廃物を吸着させて、体外に排出する効果が理論的に説明されています。

最大の特徴は、動物と植物の両方の性質を備えていることです。そのため、植物性や動物性の食品の垣根を超えた存在で、飲食品への活用が期待されています。

飢餓を無くすために研究され始めたミドリムシが、いずれ世界を救える日が来るかもしれません。

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.