培養したミドリムシを燃料に飛行機が飛ぶかも | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > 培養したミドリムシを燃料に飛行機が飛ぶかも

培養したミドリムシを燃料に飛行機が飛ぶかも

小学校の理科の時間、顕微鏡でミドリムシを見たことありませんか?あの小さな生物が今、各方面から注目されています。
光合成をする植物と、動き回る動物と両方の性質をもつミドリムシは、59種類もの栄養素が含まれているとあって、素晴らしい食品として注目されました。現在では栄養補助食品やサプリメントとして市販もされています。しかし、ミドリムシのパワーはそれだけではありません、現在研究中なのが、ミドリムシからバイオマス(バイオ燃料)を作りだす技術です。
ミドリムシは光合成する時に油をつくりだします。培養方法を工夫して効率よくこの油を取り出し利用しようというのです。この技術にはとてもたくさんの利点があります。まず、現在の石油は資源枯渇が心配されていますが、ミドリムシなら培養していくらでも作りだすことができます。また、石油を使用すると二酸化炭素が排出されますが、ミドリムシは光合成で油を作りだすので、この時点で二酸化炭素を吸収します。結果、全体でみると二酸化炭素は増加しないことになり、環境負荷がとても低いのです。そして、他のバイオマス、例えばトウモロコシなどと違い食料用途とは競合しないので農地が不足したり、食料価格への影響がとても少なくてすみます。

ミドリムシは食品だけじゃない!遺伝子組み換えによる燃料活用に期待活用

new_3d20a559726a09e50f6ac5bd8336ce17

実用化に向けての進捗具合ですが、いすゞ自動車がミドリムシの先駆者であるユーグレナ社と研究開発を進めており、すでに工場と駅を結ぶシャトルバスでこのバイオマスを使用しています。ユーグレナ社は飛行機を飛ばすことも視野に入れて研究中です。
素晴らしいミドリムシのバイオマスですが、課題はミドリムシを安定して大量に培養する方法です。現在10リットルの水槽で100億匹が培養できますが、飛行機に使用するジェット燃料1リットルあたり数兆匹のミドリムシが必要となります。例えば東京~沖縄間の飛行機で6~8万リットルの燃料が必要となりますので、途方もない数が必要です。また、その培養方法も、石油に対して競争力を持つだけ安価にならなければ普及しないでしょう。
エネルギー資源に乏しい日本は石油の価格に経済が左右されます。また地球温暖化対策として今以上に二酸化炭素排出量を減らしていく必要があります。そんな日本で、エネルギーを作り出すことができるこの技術は様々な面で注目すべき夢のような技術です。持続可能な燃料を是非とも実現し、環境技術の分野でさらに世界をリードしていってほしいですね。

東京大学で培養!さまざまなものの原材料になるミドリムシ

new_ab32219139987363e97981f5b0c83f71

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.