ミドリムシを光合成によって大量培養に成功 | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ミドリムシを光合成によって大量培養に成功

ミドリムシを光合成によって大量培養に成功

「ミドリムシ」と聞くと、学生時代に生物の授業で習ったということくらいしか思い浮かばない方も多いのではないでしょか。しかし、現在このミドリムシが注目され、人気を浴びているのです。
健康食品売り場などへ行くと、ミドリムシが配合された食品が販売されているのを目にします。ミドリムシというと微細藻類に属する藻の一種であるのに、どうしてこの小さな生物が注目されるのでしょうか。
ミドリムシという名前は和名であり、日本人にはこの名前が一般的となっていますが、世界では「ユーグレナ」と呼ばれており、ラテン語で「美しい眼」という意味を持っています。このミドリムシ(ユーグレナ)は、5億年以上も前の原始時代の地球には既に存在していたとされています。
体長は0.03mm~0.05mmで緑色の体で、特徴として植物のような光合成を行なって体内に栄養分を蓄えるだけでなく、動物の様に細胞を変形させながら移動もすることができる、植物と動物の両方の特性を持った大変珍しい生物なのです。またその豊富な栄養素と優れた光合成能力が評価され、多くの研究機関などで注目されるようになったのです。

ユーグレナ(ミドリムシ)に含まれる多様な栄養と細胞膜

new_c7d0f7056e6fcc440927c6c85f152812

ユーグレナは1660年代にオランダで発見され、多くの大学や研究機関に注目され研究されてきました。そして1970年代にはアメリカ航空宇宙局NASAが、宇宙開発の視点からこのユーグレナの研究を始めます。ユーグレナには太陽光と二酸化炭素で成長するという特徴があり、それを乗務員の呼吸や燃料を使用することで発生する二酸化炭素が、ユーグレナの成長を促進させることができ、その結果酸素を得ることができるという観点から、NASAで研究がされるようになったのです。

1990年代には、ユーグレナを使用した医薬品の開発や二酸化炭素固定などの研究もされるようになり、2005年には、日本のベンチャー企業である「株式会社ユーグレナ」が、世界で初めて食品として屋外でのユーグレナの大量培養に成功しました。

ユーグレナには59種類もの豊富な栄養素が含まれていることが分かっており、その中にはビタミン・ミネラル・アミノ酸・カロテロイド・不飽和脂肪酸といった栄養成分が含まれています。そして注目したいのが、人間の成長に欠かせない成分でありながら、体内では合成することができない必須アミノ酸や、生活習慣病に効果的とされるDHA・EPA、また現代人に不足滋賀値をいわれている亜鉛も含まれており、その抜群さが分かります。
ユーグレナの栄養素の内訳として、ビタミン類14種・ミネラル9種・アミノ酸18種・不飽和脂肪酸11種・その他の栄養素7種がふくまれていることが分かっています。
日本のベンチャー企業の大量培養成功によって、ミドリムシ(ユーグレナ)関連の食品が一気に増え、さまざまな食品に配合され、親しまれるようになりました。

ミドリムシで体質改善?腸内環境を整える強い味方と口コミで人気

new_db863fe2ef52ee3a3f4250d43f27b1e9

 

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.