ミドリムシと発酵食品を比較すると分かる違いとは | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ミドリムシと発酵食品を比較すると分かる違いとは

ミドリムシと発酵食品を比較すると分かる違いとは

ミドリムシとは、鞭毛虫の仲間である”ユーグレナ”の総称です。ミドリムシは植物・動物両方の栄養素を持った藻と言われています。わずか0.05mmという小さな微生物ですが、ビタミンを始めとした59種類もの豊富な栄養素を持っています。これはミドリムシが動物性・植物性の栄養の両方を兼ね備えているためです。近頃ミドリムシを使った健康食品と言うのをよく目にしますが、これさえ食べれば肉と野菜の栄養が両方摂取出来ると言うことで、今大変注目されている食材なのです。戦後、我々の摂取する食品の種類は豊富になりましたが、魚から採るDHAなど、肝心な栄養が足りていない人も多いといいます。そこでミドリムシ配合のお菓子などを開発し、それで栄養不足を補うという方法が今後考えられるでしょう。食へのアプローチだけでなく、ミドリムシを絞ると取れる油分を取り出して航空機のバイオジェット燃料を作るという試みもあるようです。現在原油を燃焼したり、発掘する時に出るCO2などが問題になっています。そこで原油に頼らない社会をこの油で実現しようというわけです。なぜミドリムシか?というと、他の植物に比べると収穫に関するメリットが膨大だからです。例えば通常の植物と違い、茎と言った余分な部位のないミドリムシは、燃料の原料になる部分が比較的多いこと、同じ栽培時間でも多くの収穫が見込めることです。これは収穫周期が短いためです。何故かと言うとミドリムシは一ヶ月でなんと10億倍にも増えるため、毎週収穫ということも可能だからです。実際に売られているミドリムシ関連の商品を見てみましょう。現在はサプリメントやクッキー、ラーメンなどが販売されています。味の方も癖がなく、やはり藻という事で、ラーメンなどにはぴったりくる食材のようです。他にも乾パンなどにも利用されています。粉末にすることも出来、それを携帯して常備することで普段から外食の際には栄養不足を補う、というような便利な使い方が出来そうです。発酵食品とミドリムシ食品の共通点は便秘を解消し腸内環境を良くすると言うことです。発酵食品、例えばヨーグルトの場合は乳酸菌、後者の場合は自身が持っているクロロフィルやパラミロンと言った成分が腸内をすっきりとさせてくれます。これらの食品を合わせて継続して取っていくということは健康に繋がると言ってよいでしょう。研究が進むことによって、今後はどんどん主流になって行きそうなミドリムシ業界です。

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.