ミドリムシのバイオ燃料で空を飛ぶ未来 | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ミドリムシのバイオ燃料で空を飛ぶ未来

ミドリムシのバイオ燃料で空を飛ぶ未来

ミドリムシビジネスの可能性

近年、アメリカを中心にバイオ燃料技術の開発が急速に進められています。はじまりは、マイクロソフトの立役者であるビル・ゲイツ氏が藻類系ベンチャー企業100億円規模の出資をしたことでした。2008年のことです。これをきっかけに、藻類系ベンチャー企業への投資が活発になります。中でも、ヒトゲノムの解読で有名なクレイグ・ベンター博士が設立した藻類系ベンチャー企業にアメリカ最大手の石油企業エクソンモービルが6億ドル規模の投資を行ったことは大きな話題となりました。日本では、2005年に創業したベンチャー企業「ユーグレナ」が、史上初のミドリムシの大量培養に成功しています。同社が提供する製品は多数のメディアで取り上げられており、微細藻類ビジネスへの期待は高まっています。

バイオエネルギー開発の流れ

微細藻類を原料とするバイオエネルギーは、第三世代バイオマスと呼ばれています。最初に使われた原料は、トウモロコシやサトウキビなどの作物でした。しかし、食品との競合によって価格が高騰してしまったため、それらの原料を扱う生産者から批判が集まりました。それを受けて、第二世代バイオマスが登場します。原料となったのは、木質チップや稲わら、落葉低木のジャトロファ、イネ科の植物スイッチグラスなどです。こちらは、栽培で用いられる土地との競合が問題になりました。そうして微細藻類を原料とするバイオ燃料が登場することになるのです。微細藻類は、耕作に適さない土地でも生産することが可能であり、第二世代バイオマスの欠点を補う新たな原料として期待されています。

ミドリムシは食品だけじゃない!遺伝子組み換えによる燃料活用に期待活用

new_3d20a559726a09e50f6ac5bd8336ce17

バイオジェット燃料の必要性

温室効果ガスの排出を削減することは、世界的な課題となっています。航空会社は、CO2排出削減の厳しい目標を達成することを求められています。もし、設定値を超過した場合は、排出権取引によって調達しなければならないため、少しでも効率の良い方法を求めて試行錯誤を続けています。貨物を軽量化することで燃費を向上させることもできますが、それだけでは限界があります。液体のエネルギー自体を減らすことはできないため、バイオジェット燃料を導入するしかありません。そうして登場するのが「ユーグレナ」です。植物油脂や一般的な藻類の成分に比べて、ユーグレナに含まれる油脂は脂肪酸とアルコールで構成されるため精製がしやすいというメリットがあり、航空エネルギーに最も適したバイオマスと言えるのです。

「ユーグレナ」が注目される理由

「ユーグレナ」は2020年までにミドリムシからつくる航空機向けエネルギーを実用化することを発表しています。微細藻類を原料としたエネルギーが注目される理由は、原材料の調達が難しく、希少価値が高いこと。原料調達者が価格を決定できるため、環境負荷の少ない製品への切り替えを行うライフサイクル評価(LCA)にも良い影響を与えることができると考えられます。ただし、精製コストが従来の価格の10倍程度かかると見込まれること、完全に従来のエネルギーと置き換えることは難しいことが問題点として挙げられています。課題はまだまだ残されている分野ではありますが、光合成を応用した産業が大きな可能性を秘めていることは言うまでもありません。微細藻類による再生可能エネルギーで飛行機が飛ぶ未来は近いと言えるでしょう。

ミドリムシで体質改善?腸内環境を整える強い味方と口コミで人気

new_db863fe2ef52ee3a3f4250d43f27b1e9

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.