ミドリムシ市場では燃料としても | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ミドリムシ市場では燃料としても

ミドリムシ市場では燃料としても

食料としてはもとよりジェット機の

今、ミドリムシ市場は食品はもとより、ジェット燃料として活用がされることが期待されています。藻の一種で体長がわずか0、05㎜のとても小さなものです。その中に含まれている栄養素は人が生きていくために必要とされるほとんどの栄養素が含まれていてこれからの地球上の人口増加や気象などの影響などからおきてくるであろうと思われている食糧問題の解決にも大きな期待が寄せられています。野菜などの植物に含まれるビタミンやミネラル、そして魚などの動物性のものに含まれている栄養素は59種類にも及ぶものです。

食料を減らすことなく

ジェット燃には、現在は軽油のような物が必要とされており、重さが軽油より軽い灯油が利用されています。ミドリムシから抽出されるジェット燃料となるオイルはとても軽質なもので、他の植物などより抽出されるものと比較してもとてもジェット機に利用するには適しているものと言われています。ミドリムシを培養するための場所が他の植物性のものと違い農地が不要ということも大きなメリットとなります。サトウキビやトウモロコシなどから作られるものなどは食料生産をすることと、競合してしまうようなことにはならないのです。

他のものと比べても生産性が

燃料として利用する油脂分の生産性が他のものより高いという特徴もあります。それは、例えば油ヤシに比べるとその生産性は約15倍以上だとも言われています。トウモロコシと比べると同じ面積を利用して得られるのは700倍とも言われています。これまで使われてきて現在も多くのものが依存している石油は地中から採掘されて、それを燃やし、二酸化炭素を空気中に放出してきました。しかし、二酸化炭素を吸収して光合成して増えるミドリムシから作られる物は、燃やして二酸化炭素を出しても結果的には二酸化炭素を増やすことにはなりません。地球温暖化の原因とも言われている二酸化炭素を空気中に増やすことがないのです。

技術力などによりコストを

大きな期待が寄せられるものですが、最大の難関は生産コストにあります。国内での石油自給率が1%にも満たない日本に置いては自給率が高まっていくという期待に応えるにはその道のりは遠いものがあります。しかし、火力発電所や工業地帯より排出される二酸化炭素を培養する時に利用し、培養したものを使ってより二酸化炭素を増やさないようにすることができるのです。国内では2020年頃には量産ができるように市場も活性化しています。ジェット燃料だけでなくバスなどにも利用する日が待たれ、多くの企業がその将来性を認めています。

 

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.