ミドリムシの新しい活用法である燃料原料 | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ミドリムシの新しい活用法である燃料原料

ミドリムシの新しい活用法である燃料原料

ミドリムシというのは

近年注目されているミドリムシとは、沖縄から南に位置する温暖な気候においてきれいな湖に一面に広がる藻のように緑色に染まるように生息している生物です。ムシと書かれているため昆虫と思われますが、実際には自身の体には植物と同じく葉緑素をもっているため生物というよりかは植物に近い生態を持っています。その葉緑素をもつことで、太陽からの光と酸素を使って光合成をおこなうことで自身の体の中に必要な栄養素を作り出す能力を持っています。その力があることによって様々な分野で未来において重要な役割を持つと注目されているのです。

ユーグレナ(ミドリムシ)に含まれる多様な栄養と細胞膜

基本的な活用法として食用部門

一般的にミドリムシが注目されるようになったのは、その光合成で生み出される栄養素がとても体に良いという部分です。光合成をおこなう葉緑素の正体は緑黄色野菜の緑色の野菜が緑色をしている正体であるクロロフィルという成分であり、このクロロフィルを摂取すると酸素と鉄分の結びつきを強くすることで質の良い血液を作り出すことができるのでデトックス効果および貧血予防に役に立ちます。さらに野菜の性質だけでなく生物の生態を持っているので、体内の細胞を作り出すために使われるたんぱく質や食物繊維そしてビタミンなども含まれているため健康食品として活用されています。

新しい活用法である燃料の原料

これまでは食用という形で活用法が見出されてきたのですが、しかし研究が進み全く別の可能性を見出されることになります。それは車などの石油由来の燃料を使って動く機器の燃料代わりになるというものです。人間もそうであるように、生物が生きていく上ではある程度の細胞が動くためのエネルギーである脂質が必要になります。ミドリムシも同様で、自身で葉緑素を使って光合成をする際に葉緑素がうまく働くように2酸化炭素を使って自分自身で脂分を作り出すのです。その作り出した脂分を検査すると、一般的に使われる軽油とほぼ同じ成分であることが分かったのです。

燃料の原料として使うメリット

なぜ車などの動かす時の代用として考えられているのかというと生産がしやすいことそして環境に良いということです。軽油に近い性質の油を作り出すためには2酸化炭素と生息できる環境の栄養素を与えて挙げれば自身で作り出すためある程度の増産が可能であることです。そして石油由来の原料では2酸化炭素排出だけでなく有害物質も出すことが問題であり、2酸化炭素だけであれば植物がほぼ吸収してくれるので環境にも優しいということです。現在ではバスなど公共の乗り物の実験に使われていますが、ゆくゆくはすべての車両そして飛行機にも応用できるように研究されています。

ミドリムシは食品だけじゃない!遺伝子組み換えによる燃料活用に期待活用

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.