ミドリムシは食糧問題がなくCO2削減可能な燃料 | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ミドリムシは食糧問題がなくCO2削減可能な燃料

ミドリムシは食糧問題がなくCO2削減可能な燃料

藻で飛行機が飛ぶようになる

藻の一種であるミドリムシは健康食品の成分として知られていますが、それを搾って抽出・精製された油は、飛行機のジェット燃料としても利用することができると言われています。実際、2020年の実用化に向けていま本気で取り組まれており、多くの企業がこの夢の事業に参加しています。飛行機に使用される灯油の脂肪酸は炭素数9~15となっており、ミドリムシから生成される油脂の脂肪酸も同様に炭素数12~16を多く含んでおり、他の植物微細藻類に比べても軽質であるために、飛行機のジェット燃料に非常に近いのです。

サトウキビやトウモロコシの問題

現在バイオ燃料の原材料として有名なのは、サトウキビやトウモロコシなどです。サトウキビやトウモロコシで自動車が走るという夢のような話は現実のものとなっています。しかし、これらの植物は本来食料として生産されるべきものです。特に貧しい地域ではトウモロコシを粉にして主食として食べています。しかし、新たな利用法が見つかったことによってその商品価値が上がり、食料の価格を高騰させてしまう原因になっています。これは彼らにとって死活問題となっているのです。また貴重な農地の取り合いも発生していると言います。

食糧の競合が起こらない

しかし、ミドリムシではこのような食料との競合が起きないというメリットがあります。健康食品として使うことはあっても、トウモロコシのように主食として使うことはありません。また農地に適さない土地での生産も可能です。具体的には、専用の培養プールの中で、大量に培養生産することができるのです。そのために非常に効率的な工業生産が可能であり、サトウキビやトウモロコシなどと比較した場合、比べ物にならないくらいに敷地面積あたりの油脂生産性が高いのです。このようなメリットがあるために、いま注目されているのです。

ユーグレナ(ミドリムシ)に含まれる多様な栄養と細胞膜

二酸化炭素(CO2)排出削減効果

さらに、二酸化炭素(CO2)の排出量の削減にも大きく寄与すると考えられています。ジェット燃料で飛行機を飛ばせば、もともと地下に固形化されていた石油を燃焼させて排出するわけですから、大量の二酸化炭素が空気中に排出されることになります。ところが、ミドリムシはもともと空気中に存在していた二酸化炭素を光合成のために吸収して生きているので、飛行機を飛ばした際に二酸化炭素が排出されたとしても、その総量は変わらないということになるのです。このように両者を比較すると、遥かに環境に優しいエネルギーであることがわかります。

東京大学で培養!さまざまなものの原材料になるミドリムシ

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.