安定供給しやすいミドリムシが原料のバイオ燃料 | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > 安定供給しやすいミドリムシが原料のバイオ燃料

安定供給しやすいミドリムシが原料のバイオ燃料

ミドリムシはどういうものなのか?

大きさが0.05ミリほどしかない極小の微生物で、藻の一種です。髪の毛はおよそ0.07ミリほどの太さですからそれよりさらに小さいことになります。また淡水で育つこの微生物は動物であり、植物でもあります。なんと植物のように光合成を行って体内に栄養分を溜め込みながらも動物のように移動することができます。なんと5億年以上も前にはすでに存在しており、1950年代頃から海外で注目を浴びていたこの微生物は2005年になると日本で大量に培養することに成功し、食品として利用されるようになっていったのです。

59種類もの豊富な栄養を持っている

植物と動物の両方の性質を持つだけではなく、非常に豊富な栄養素を持っているのも特徴です。その栄養素の種類はなんと59種類で、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸などが含まれています。これらの栄養素は人間が生きていく上で必要とするものほとんどで、ミドリムシを摂取するだけで日常生活で摂取しきれていない栄養素をしっかりと摂取することができるのです。発展途上国などで大量に培養し、栄養補給できるものとしてサポートできる可能性があることもこの微生物の大きなメリットだといえるでしょう。

オイルとしても役立てさせられる

栄養をたっぷりと補うことができるだけではなく、次世代のオイルとしても注目されているミドリムシですが、なぜ注目されているのかといいますとバイオ燃料は石油と違って枯れてしまうことがなく、比較的安定供給することができるからです。光合成をする時に油脂分を作りだすので、それを燃料として使うことができるのです。また抽出し、精製されたオイルが軽質だということで、なんとジェット機などの燃料に使うことも可能になるということで期待されています。このオイルは二酸化炭素の排出を増やさないので地球の温暖化にも役立ちます。

バイオ燃料のデメリットとは

メリットが多いこのオイルですが、デメリットもいくつかあります。その一つがオイルの価格が一般的なものより10倍もするということです。このオイルでジェット機をとばすためにはその価格をどう抑えていくかという問題があります。高価なオイルを使うということはそのジェット機を利用する時に運賃なども高く跳ね上がってしまう可能性があるということになります。また単独でジェット機に使うには少々心もとないということもあります。そのため、このオイルを製造するプラントではミドリムシ以外の藻から搾った油や食用油の廃油などからもオイルを精製できるようになっています。

 

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.