ミドリムシはディーゼル燃料に近い成分の燃料になる | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ミドリムシはディーゼル燃料に近い成分の燃料になる

ミドリムシはディーゼル燃料に近い成分の燃料になる

バスや飛行機を動かすムシ

いま、ミドリムシから作った次世代のバイオディーゼル燃料によって、バスが走っているのをご存知でしょうか。わずか体長0.05ミリという小さな植物と動物両方の性質を持つ微細藻類から、クルマを走らせるバイオ燃料を作り出すことができるというのは驚くべきことですが、実際2014年7月1日から、神奈川県のいすゞ藤沢工場と湘南台駅を定期運行するシャトルバスに、このバイオ燃料が使われているのです。さらに2020年までに、この燃料を使ってバスよりもさらにパワーが必要な飛行機まで飛ばそうという計画が進行中なのです。

ミドリムシは食品だけじゃない!遺伝子組み換えによる燃料活用に期待活用

new_3d20a559726a09e50f6ac5bd8336ce17

代替エネルギーとして

ミドリムシはなぜバスや飛行機のエネルギーになるかというと、ディーゼルに近い性質の油分を作り出すことができるからです。その精製までの工程を簡単にいうと、まずミドリムシを培養します。次に培養したものを粉末にします。粉末にしたものから今度は油脂成分を抽出し、それを精製していきます。天然資源が少ない日本においては石油がほとんど取れませんから、このような代替エネルギーの開発は非常に重要なことです。今はコストの問題などもあり、まだ研究開発の段階ですが、将来的には日本の燃料開発の一翼を担うかもしれません。

ますます高まる存在価値

ミドリムシにはビタミンやミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など、人間が生きていくために必要な59種類もの栄養素を含んでいます。人間が生きていくために必要な栄養素の大半を含んでいると言っても過言ではありません。そのためにサプリメントの栄養素として注目されているわけです。ところが、同時にバスや飛行機を動かすこともできるということで、その存在価値はさらに高まっています。バイオエネルギーではトウモロコシなどが良く知られていますが、トウモロコシのように価格高騰を招くこともないのも魅力です。

CO2の量が変わらないエネルギー

また、バイオエネルギーは石油に比べると地球に優しいエネルギーという点でもメリットがあります。これは排出されるCO2の量と関係しているのですが、石油を燃やすとCO2が排出され、地球温暖化を招いています。それに対してバイオエネルギーはもともと空気中にあったCO2を吸収して育ったものなので、それを燃やしてCO2が排出されても、大気中のCO2の総量に変化はほとんどありません。これがバイオエネルギーが地球に優しいと言われるゆえんです。その上で食糧ともバッティングしないのでさらに注目されているわけです。

東京大学で培養!さまざまなものの原材料になるミドリムシ

new_ab32219139987363e97981f5b0c83f71

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.