ミドリムシが植物由来の商品なのは本当か | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ミドリムシが植物由来の商品なのは本当か

ミドリムシが植物由来の商品なのは本当か

ミドリムシの名前の由来

ミドリムシは、一般的に知られる様になりましたが、その命名から誤解が生まれたり、正しい認識が持たれていない事は多々あります。
名前にムシと入っていますが、名前の由来は生物学的に分類に使用される属名で、類似した性質を持つ全体が総称されています。
つまり、名前が必ずしも体を表すとは限りませんし、もう少し深く調べなければ、本当の意味や特徴を知る事は難しいでしょう。
部分的に動物的な特徴を有していますが、話はそれ程簡単ではなく、理解が深まると面白さが分かったり、商品としての魅力や、試用を検討を考える価値に気がつく事が出来ます。

分類が難しい理由と植物の性質

ミドリムシの表面は、足が生えていて運動を行うので、この点から動物としての性質が認められています。
一方、植物の定義である光合成を行ったり、葉緑体を持ち合わせたりしているので、動物の植物のハイブリッドと考える事も出来ます。
生物学の分野では、動物か植物のどちらかを、明確に区別する事は難しいので、完全に植物と断定する事は困難です。
しかし、水と光で増殖する性質は、正に植物その物なので、注目する特徴によっては、植物由来とも考えられます。
条件が整うと、植物的な性質に基づき自然に増殖するので、商品の低価格化に繋がる事、そして研究開発が行い易い事が利点になります。

食品としてのミドリムシ

採れたての生の状態は、動物の性質がまだ生きているので、サイズは小さく肉眼では分からないものの、顕微鏡で覗けば動いている事が確認出来ます。
ただ、商品に加工されている物は、乾燥済みで動物の性質は失われているので、口にしても体の中で動き出す事はなく安心です。
食品用であれば、植物由来の部分が残っているだけなので、海藻と考えて問題なく食べられます。
栄養価は高く、様々な栄養素がこれ一つに入っていますし、単一の食材や食品より、健康をサポートするサプリメントとして、低価格かつ沢山摂れる点が魅力になります。

商品に含まれている植物由来の成分

食品加工された後は、水を与えても蘇りませんし、勝手に増殖する事もないので、既に生き物としての活動を終えています。
口にしても大丈夫な状態であれば、それは植物が乾燥して出来た物で、栄養素は限りなく海藻に近いといえます。
味や香りからは、動物っぽさを感じる可能性が低く、食べて癖のある後味が残る事もありません。
安全性はお墨付きで、長期的に販売されていたり、多くの消費者が問題なく食べている事からも、客観的に認める事が出来ます。
初めて口にする人は、名前であったり曖昧な特徴によって、抵抗を感じる場合は少なくありませんが、味や癖のなさは一度食べると分かります。

 

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.