酸素分子を取り除くユーグレナのジェット燃料 | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > 酸素分子を取り除くユーグレナのジェット燃料

酸素分子を取り除くユーグレナのジェット燃料

ユーグレナでジェット機を飛ばす

ミドリムシの一種であるユーグレナは、栄養価の高い健康食品の原料として、注目されています。ミドリムシは、昆虫と間違えられがちですが、ミジンコのように自分で動くこともでき、光合成も行う動物と植物の間の微細藻類です。
バイオ燃料は、再生可能エネルギー全量買取制度の対象で、日本としては是非とも推進したいエネルギーですが、なかなか一筋縄ではいかないのが実状です。
バイオ燃料は植物を原料としますが、植物は光合成によって大気中から二酸化炭素を吸収するため、燃やして排出する二酸化炭素は元に戻っただけで、理論上大気中の二酸化炭素の総量は増えないことになります。

ディーゼルを生み出すユーグレナ

カーボンニュートラルは、バイオ燃料を考える時には重要な理論となります。
ミドリムシは、二酸化炭素を吸収しながら光合成で育つ、体長0.05ミリほどの小さな藻の一種ですが、ミドリムシの育て方を工夫することで、体内に経由に近い油を作らせることができます。この油から作られたディーゼルを燃やして排出される二酸化炭素は、もともとミドリムシが吸収した二酸化炭素ですから、ディーゼルは環境負荷が限定的なカーボンニュートラル型の燃料といえます。
またミドリムシは、培養する際に農地を必要としないのも特徴です。

設備投資が大きな問題

植物由来の油から炭化水素燃原料を取り出すためには、酸素分子を取り除くための水素化処理が必要になります。そのため、設備投資のコストが増加するという課題があります。
また大量に安定的に供給するには、プラントでの生産が必要不可欠となります。
ディーゼルでは、現在経由に5パーセントまでの混合が認められていますが、次世代型では100パーセントバイオでの運行を可能にするとしています。
そのためには、大量に安定的に製造することが必要で、ミドリムシ由来以外の微細も類や非可食植物油脂なども原料として使用できるようにするとされています。

2020年以降の本格的な商用化を目指す

ミドリムシの培養には、専用の設備を利用するため、培養場所が農地である必要はありません。トウモロコシやサトウキビなどとは違い、食料生産の土地と競合する心配がないため、食料価格の乱高下を防ぎ、適正価格化に貢献できます。
今後世界では、二酸化炭素排出規制がより強まると予想されています。ユーグレナは、生産効率をより一層高め、市場価格に見合った良質のミドリムシ原料の普及を目指し、地球に負荷をかけない方法で、飛行機を飛ばすことができます。
ミドリムシは、食料や地球温暖化防止など大きな可能性を秘めています。今後ますます注目されることでしょう。

 

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.