ユーグレナ(ミドリムシ)は細胞壁がないので吸収率がいいと評判に | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ユーグレナ(ミドリムシ)は細胞壁がないので吸収率がいいと評判に

ユーグレナ(ミドリムシ)は細胞壁がないので吸収率がいいと評判に

植物なのに細胞壁がない

ユーグレナは藻の1種で植物の仲間ですが、細胞壁がありません。細胞膜で覆われていて、そのため他の植物より人体に取り込まれやすいという特長があります。植物は、動物にはない有効成分を数多く含んでいます。しかし各細胞が固い細胞壁で覆われているため、細胞内の有効成分を体内に取り込むことが、人間にはなかなかできません。人体は消化の過程で、細胞壁を壊せないからです。人体が吸収できるのは、植物の栄養成分の約40%であるとされています。植物なのに細胞壁がないという珍しい性質を持つユーグレナでなら、その心配はありません。

植物でもあり動物でもあり

この生物は動物と植物の両方の性質を持っています。そのため、植物に特有の栄養成分であるビタミンCや葉酸、動物特有の成分であるDHAやEPA、ビタミンB1などの両方の栄養素を含んでいます。そして植物特有の栄養素を含みながら、細胞壁がないため、吸収効率が低いはずの植物性栄養成分を動物性と同様に、確実に体内に取り込むことができます。ユーグレナは、59種類もの野菜、魚、肉の持つ栄養素を含んでいるため、サプリメントや青汁などで継続的に摂取することによって、たいへんな効果が期待できるわけです。

必須アミノ酸をバランス良く含む

必須アミノ酸もバランス良く含んでいるため、そのアミノ酸の83%もが体内に取り込まれます。必須アミノ酸は9種類あり、全部そろっていないと体内には取り込めません。必須アミノ酸をバランス良く含む食品としては、卵がその代表となりますが、80%以上の食品というのは意外に多くありません。玄米は68%で、同様の生物であるクロレラは50%ほどです。植物でもありながら、アミノ酸バランスがこれほど良い食品というのはたいへん貴重です。植物特有のビタミンやミネラル類も、アミノ酸と同時に摂取できるからです。

さまざまな健康効果があると評判

この食品の摂取によって、実にさまざまな健康効果があると評判になっています。乳酸菌の働きを活性化させることでも知られており、その効果はオリゴ糖を上回るとの評価を得ています。オリゴ糖も、腸内の善玉菌を増やすことで有名ですが、それ以上の効果が期待できます。また、この食品だけに含まれる成分であるパラミロンには、コレステロールや中性脂肪のみならず、プリン体が体内に取り込まれるも防ぐ働きがあるとされています。その働きにより、血中の尿酸値が低減できます。痛風の予防効果があるというわけです。

 

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.