ユーグレナで糖尿病による冷え性を改善 合併症対策にも? | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ユーグレナで糖尿病による冷え性を改善 合併症対策にも?

ユーグレナで糖尿病による冷え性を改善 合併症対策にも?

糖尿病になると冷え性になる?

糖尿病は高血糖状態が続くことが原因で、全身の血管や神経が次第にダメージを受けていく病気です。この病気の合併症には、冷え性があります。
糖尿病では血管が傷つけられてしまうため、血行障害が起こりやすいです。血液のめぐりが悪くなると細胞が必要な酸素や栄養素を受け取ることができなくなり、新陳代謝が低下して体が冷えやすい低体温になります。
また、血糖値が高いと血液の中に脂肪やコレステロールが蓄積されてしまい、血栓ができやすくなることもあります。
冷え性になるとさらに血行障害が悪化するという悪循環になり、寒さ対策をしても年中寒いという状態になってしまいます。
これを改善するためには、体内の余分なコレステロールや脂肪、糖分などを排出させることが必要になります。

ユーグレナのパラミロンでデトックス

ユーグレナに含まれているパラミロンという成分は、食物繊維の一種で、表面にたくさんの穴があいた構造をしています。この穴はスポンジ状で、ここに余分な脂肪やコレステロールを吸着させて体外に排出させてくれる効果があります。
また、パラミロンは食物繊維なので、血糖値の上昇を抑える作用もあります。炭水化物が単独で入ってくると一気に血糖値が上がってしまいますが、食物繊維が先に入っていると血糖値の上昇が妨げられて、急激な血糖値の上昇を防ぐことができます。
結果的には血糖値は上がりますが、ゆるやかに上がるので糖毒性というと、ブドウ糖による血管や神経へのダメージ量を減らすことができます。
デトックス効果で血流を改善し、糖毒性を食物繊維の働きによって減らすことができます。

ユーグレナを栄養バランスの改善に

ユーグレナは植物と動物のどちらの栄養素も含んでいるので、栄養バランスの改善に役立ちます。普段の食事では不足しがちなDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)といった血流をよくする不飽和脂肪酸成分も多く含まれているので、血行改善につながって新陳代謝が高くなり、冷えを解消しやすくなります。
また、体の機能を整えるために必要なビタミンやミネラルなどもバランス良く含まれているので、体全体の機能を改善させてくれます。
冷えが気になる場合には、ユーグレナが含まれている食品を摂取するという方法もありますが、もっと効率良く摂取したいのであれば、ユーグレナが含まれているサプリメントなどを利用したほうが楽でしょう。
最近では青汁にユーグレナが配合されているものもあります。

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.