ミドリムシを継続摂取し生理痛を改善していこう | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ミドリムシを継続摂取し生理痛を改善していこう

ミドリムシを継続摂取し生理痛を改善していこう

ミドリムシで生理痛を改善

ミドリムシは、はるか5億年も前から地球に生息している生物です。人類は数万年前に誕生したばかりであり、遠い祖先でも数百万年前の誕生となります。ミドリムシが生命力あふれる、生存に適して存在であることは紛れもない事実であり、そのパワーが注目されてきています。ミドリムシは、光合成ができるため、植物でもあるのですが、細胞壁をもたない動物でもあります。植物でもあり、動物でもあるという珍しい生物です。植物として、人が野菜に期待するような栄養も含んでいて更に、動物でもあるせいか、青魚に多いEPAやDHAも多く含んでいます。このEPAが、生理痛の改善に役立ちます。生理痛は、経血の排出のために子宮が収縮することが一因です。EPAには、子宮の収縮時に働く成分の働きを抑える効果があります。

EPAという成分の摂りにくさ

EPAは、健康に良いことで知られており、サプリメントも数多く販売されています。それだけ、食材からは摂取しにくい成分であるとも言えます。青魚に多く含まれていますが、現代日本人は、あまり青魚を好みません。臭いがつきやすいので、調理もしづらく、食卓に載せるのが面倒に感じられることもあるようです。肉のほうが扱いやすいせいか、たんぱく源としては肉のほうが用いられるようになっています。そうすると、子供の頃から青魚に親しむことがなくなり、ますます魚離れが進みます。味に慣れ親しんでいるなら、臭いがついて調理が面倒でも青魚を食べることはあるでしょうが、食べつけていないと、まず食材として利用しようとはしないでしょう。しかし、EPAは健康のためにも、生理痛改善のためにも必要な成分です。

ミドリムシなら摂取が容易

ミドリムシでなら、EPAを簡単に摂取できます。ミドリムシは、サプリメントや青汁となって販売されています。青汁で摂取するなら、青汁シェイカーなどのキットを携帯すれば、いつでもおいしくお茶代わりになどして飲むことができます。お茶代わりに飲めば、飲み忘れることもないでしょう。ミドリムシは、大量培養ができなかったため、これまであまり注目されてきませんでしたが、2005年に東大が世界で初めて大量培養に成功してからは、ミドリムシの研究が進み、さまざまな健康効果があることがわかってきています。生理痛改善もそのひとつです。ミドリムシには、59種類もの栄養成分が含まれていて、人が必要とする栄養成分をすべて網羅していると言われるほどです。大量生産が可能となっていますから、値段も高くはありません。継続摂取していきたいものです。

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.