肩こり改善にも?ミドリムシの働きとタイミング | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > 肩こり改善にも?ミドリムシの働きとタイミング

肩こり改善にも?ミドリムシの働きとタイミング

ミドリムシが肩こりの原因を解消に導く

ミドリムシが健康にとって効果的であることがテレビや雑誌、インターネットでも伝えられ、多くの製品化が行われていますが、何に効果的なのか詳しく知っておくことも大切です。肩こりに悩んでいる人がミドリムシの存在を知っていても改善に有効性があることを知らなければ、毎日の生活に取り入れるチャンスをのがしてしまいます。

肩は、頭の重みを支えている首とつながりがあり、疲労が蓄積しやすい部分です。ずっと同じ姿勢でいても、両腕の重みもかかっていますから、常に負荷がかかってる状態です。体を動かさないと痺れが起きるように、肩の血流も悪くなって、疲労物質などが溜まってしまいます。血流が悪くなると冷えにもつながり、ますます肩の痛みがでやすい条件が揃っていってしまいます。ミドリムシには、こうした原因に有効性が期待できる栄養成分がたっぷりと含まれています。

ミドリムシの作用と摂取のタイミング

ミドリムシは59種類の栄養成分が含まれ、肩こりの原因を解消し和らげたり、改善が期待できるものとして、クロロフィルに炎症鎮痛作用が認められ、肩に炎症がある人にも良い働きが期待できます。造血作用もあって、貧血気味で体温低下が気になっている人にも適しています。ビタミンEは毛細血管を拡張する働きがあるので、血流の改善を担ってくれます。

ビタミンB1も糖分がエネルギーに変換されるときビタミンB1が少ないと上手く変換されず、乳酸になってしまう性質があります。乳酸は疲労物質で、肩こりの原因になり得えます。疲労回復を助けるアルギニンや、炎症抑制が期待できるビオチン、活性酸素を分解して回復に役立つマンガンなどもミドリムシに含まれています。

ベストな摂取のタイミングは、疲労を感じたときで悪化させないうちに摂取したり、予防の意味で健康な状態から始めるのもおすすめです。

ミドリムシは消化吸収率が高い

肩こり改善に効果的な栄養がたくさんあっても、消化吸収されないと体内に入った成分の作用があまり期待できない事になりますが、ミドリムシが他の動植物と違っているのはとても消化吸収率が高い点です。消化吸収の妨げになってしまう細胞壁を持たないからで、摂取したうちの93.1%も吸収されることが分かっています。

たくさんの栄養成分が効率的に吸収できるから、野菜やお肉などから肩こりに良い栄養成分を摂取するよりも、ミドリムシからの方がとても効率的に得る事ができます。ミドリムシといっても動物と植物の両方の特徴を備えていて藻類に分類されており、摂取しやすいようにサプリメントや飲料などに加工されている製品がたくさんありますから、虫などが苦手な人でも全く問題なく取り入れることができます。

 

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.