バイオ燃料としても注目されているミドリムシで鬱(うつ)も改善? | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > バイオ燃料としても注目されているミドリムシで鬱(うつ)も改善?

バイオ燃料としても注目されているミドリムシで鬱(うつ)も改善?

バイオ燃料としてのミドリムシ

ミドリムシは健康や美容に良い食品として注目されていますが、バイオ燃料としての機能も期待されています。ミドリムシは動物と植物の二面性を持っている珍しい生き物で、油分を取り出すことが出来ます。ミドリムシには脂質が自分の重さの最大80%近くも含まれていて、かなりのエネルギーを蓄えていることがわかります。人間の体脂肪の平均が体重の20%なので、これを利用すれば効率よくバイオ燃料が取り出せるのではないかと考えられています。
すでにミドリムシを使ってバスや飛行機を飛ばす試みも行われていて、ベンチャー企業からは注目の的になっています。
今までは大量培養する技術が確立されていませんでしたが、大量培養が可能になったことで、エネルギーの枯渇を救う可能性が出てきました。

鬱(うつ)の改善にも

ミドリムシが持っている栄養成分には、鬱(うつ)の改善効果が期待できるものもあります。
必須アミノ酸のひとつであるメチオニンには、肝機能の向上やアレルギーの改善の他に、鬱(うつ)症状の改善効果があるとされています。
現代では5人に1人は鬱(うつ)になると言われていますが、軽度な症状から重度の症状まで広いため、軽度の患者を含めればもっと患者の数は増えると言われています。
この症状に対して、ミドリムシが含んでいるメチオニンは、体内に入ると鬱(うつ)症状を改善させる作用を持つ脳内伝達物質の材料になります。
メチオニンの体重1kgあたりの必要摂取量は10.4mg/日で、ミドリムシ100g中には0.87mgものメチオニンが含まれていて、不足しやすい成分を補うのに適しています。

腸内環境を整えて症状改善

鬱(うつ)の発症原因は人によって様々なので、一概に何が原因ということはできません。ただ、最近では腸内環境の悪化が自律神経の働きを悪くさせる言われています。
腸内では、幸せを感じさせるホルモンであるセロトニンが存在しています。このセロトニンは脳に作用して幸福感を感じさせる作用もあるのですが、善玉菌が減って悪玉菌が増えた腸内環境が悪い状態になると、セロトニンが減ってしまい、脳への供給量が減ってしまいます。
幸せを感じさせる物質が不足してしまうと、無気力になったり、不安を感じやすくなるなどの心の症状が出てしまいます。
ミドリムシにはパラミロンやクロロフィルといったデトックス効果がある成分が含まれていて、これによって腸内環境を整えてくれるので症状改善に役立ちます。

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.