鬱(うつ)を解消するにはミドリムシで食事のバランスを整えるのも大切 | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > 鬱(うつ)を解消するにはミドリムシで食事のバランスを整えるのも大切

鬱(うつ)を解消するにはミドリムシで食事のバランスを整えるのも大切

心の不調が続く鬱(うつ)

鬱(うつ)病は気持ちが強ければ回復する、という単純な病気ではありません。物事を深く考えない人のほうがなりにくい傾向はありますが、気持ちの問題だけではなく、脳内の神経伝達がうまくいっていないという脳の問題が関わっていることもあるからです。
鬱(うつ)病の人は、神経伝達物質のうち、興奮系の神経伝達物質が不足していることがあります。代表的な神経伝達物質には、ノルアドレナリンとドーパミンがあります。どちらも興奮系の作用があり、精神を高揚させたり、気持ちの落ち込みを改善してくれる効果があります。
この神経伝達物質をつくるのに必要なアミノ酸の一種、にフェニルアラニンという成分があります。これは食事から摂取する必要があり、ミドリムシにもフェニルアラニンが含まれています。

フェニルアラニンの効果

フェニルアラニンは体内でノルアドレナリンとドーパミンに転換されます。そして興奮系の神経伝達物質として働き、鬱(うつ)症状の改善や記憶力を向上させる効果を発揮します。
また、ミドリムシにはフェニルアラニンだけではなくメチオニンという必須アミノ酸も含まれています。メチオニンは主にアレルギー症状の改善に役立つと言われていますが、鬱(うつ)症状の改善にも効果が期待できると言われて注目されています。メチオニンもフェニルアラニンと同様に、体内に入ると神経伝達物質の材料になって気持ちの落ち込みや無気力などといった症状を改善してくれます。
食べ物ではカツオや肉、乳製品といった動物性の食品に多く含まれていますが、ベジタリアンで肉類は避けたいという人にはミドリムシが向いています。

野菜の色だから抵抗感がない

ミドリムシはムシとはいっても、植物のような自然な緑色をしています。完全なベジタリアンだとタンパク質の摂取量が不足してしまいやすく、肉食中心の人に比べて鬱(うつ)になりやすいと言われています。
ミドリムシはビタミンやミネラルといった野菜類に多く含まれている栄養素に加えて、動物という一面を持っているので、アミノ酸や必須脂肪酸といった動物性の栄養素も摂取することができます。
完全なベジタリアンだと「生物を口にするのは無理」と感じるかもしれませんが、あまり気にせずに野菜中心の生活をしている人であればミドリムシはほとんど野菜のような感覚で食べることができるので気にならないでしょう。
ミドリムシを使ったクッキーやカレー、パンやヨーグルトなどのユニークな食品も販売されています。

 

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.