ユーグレナの摂取がリウマチの症状を緩和する方法に | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ユーグレナの摂取がリウマチの症状を緩和する方法に

ユーグレナの摂取がリウマチの症状を緩和する方法に

関節リウマチに対する新たな対処法

日本での患者数は60万から70万人といわれるほど増えていて、30代から50代の女性に多くなっています。根本的な原因は不明で、免疫の異常が関わっているとされています。関節の内側には滑膜と呼ばれる関節を包んでいる膜があって、この部分に炎症などが起きます。

炎症が継続的に続くと関節の変形につながることが分かっていて、これが関節リウマチになります。これまでは、炎症や痛みを最小限に抑えることで生活を行えるようにする対処が行われてきましたが、ユーグレナの継続摂取によりこの状態が改善される可能性が出てきています。

ユーグレナは、他の動植物と異なっている点として59種類もの栄養成分があります。中でも注目されているパラミロンはユーグレナにしか存在していない独自成分です。

ユーグレナとパラミロンが与える影響

ユーグレナの継続使用が有効的であることがわかったのは研究が行われていて、マウスの関節にコラーゲンを皮下注入して症状を誘発させ、症状を発症した2日後からユーグレナの粉末とパラミロン、さらにパラミロンを化学的に処理し、結晶構造を壊したものをエサに入れて食べさせたところ、関節炎に対して緩和が期待できる数値があらわれたことが分かっています。

ユーグレナが、関節リウマチで痛みの原因となっている関節炎の緩和に期待が持てるため、これまで効果があらわれていなかった人たちへの新たな対処法として改善効果の期待が持てる事になります。痛みや腫れが軽度の段階からユーグレナの摂取を続けることで、重度の症状まで至らない可能性がでてきていて、医療分野での研究も続けられています。

症状が緩和しても継続摂取が必要

自己免疫疾患は関節リウマチ以外にも様々な物があります。ユーグレナの継続が炎症を緩和して痛みがなくなると、治ったものと考えがちですが、免疫異常が起きる根本的な原因が分かってないのですから、いつまた発症につながるかわからないため、ユーグレナの摂取を続けることで、症状の改善だけでなく、状態を安定させて再発させない予防としても有効性が期待出来ます。

ユーグレナは、炎症改善が期待できる以外にも、不飽和脂肪酸やビタミン、ミネラルなども豊富ですから、栄養の偏りの改善に繋がったり、細胞の活性化から美容に有効性があったり、健康の維持にも役立ちますから、体の働きをサポートする上でも続けていくことがおすすめです。便秘の解消や中性脂肪の減少なども期待できますが、大量摂取することがないように目安量を守って取り続けることが肝心です。

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.