ユーグレナの色の違いと痛風への効果 | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ユーグレナの色の違いと痛風への効果

ユーグレナの色の違いと痛風への効果

白色もあるユーグレナ

ユーグレナの和名はミドリムシで、見た目が緑色をしていることから名付けられていますが、実は白色のユーグレナもあります。
なぜ白いかというと、ユーグレナ特有の成分のパラミロンの含有量が多いからです。パラミロンはキノコなどに多く含まれるβ-グルカンの一種で、ユーグレナが光合成で得たエネルギーを貯蔵する役割があります。このパラミロンは白色をしているため、パラミロンの含有量が多いと緑ではなく白という色の違いが出てきます。
一般的な商品で使われているユーグレナは白色で、パラミロンが特別に含有量が多くなるように改良した特別なものだけが白色をしています。大量培養に成功したベンチャー企業とサプリメント会社が共同開発した特殊なサプリメントだけが、白色のユーグレナを提供しています。

ユーグレナは痛風改善に効く?

尿酸が体内に蓄積して、関節に個体として析出して関節炎を伴って、激しい痛みを感じるのが痛風発作です。治療薬が開発されて発作を抑えることは可能ですが、放置すると再発したり、腎臓が悪くなってしまうこともあります。痛風は20歳以降の男性に多く、プリン体の摂りすぎが原因とも言われていますが、原因がはっきりしていないこともあります。
その痛風に対して、ユーグレナが改善効果を持つのではないかということで注目されています。ユーグレナに含まれているパラミロンはプリン体の吸収を抑制して、体外に排出する効果があるとされています。すでに改善や予防に効果があるとされて、大量培養に成功したベンチャー企業が「パラミロンのプリン体吸収抑制剤及び血中尿酸値低減剤」の特許を取得しています。

生活習慣病予防全般に

尿酸はプリン体の代謝産物なので、元の原因となるプリン体の摂取を控えることが痛風を改善するには必要です。
また、それだけではなくプリン体を排出することも必要です。これを薬で無理に行うよりも、ユーグレナで生活習慣病全般を予防しながら尿酸値の上昇を抑えたほうが自然な療養ができるのではないかと考えられています。パラミロンにはコレステロールなどの余分なものを吸着させて排出させるデトックス作用があるため、肥満の予防など痛風に関わってくる生活習慣病予防全般にも効果が期待できます。
また、ビタミン、ミネラル、不飽和脂肪酸、アミノ酸などの生命維持に必要な栄養素を含んでいるので、栄養バランスを整えるのにも貢献してくれます。改善と予防目的であれば、サプリメントを利用すると続けやすいでしょう。

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.