新聞でも話題のユーグレナの痛風への効果 | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > 新聞でも話題のユーグレナの痛風への効果

新聞でも話題のユーグレナの痛風への効果

ユーグレナは各所で取り上げられている

ユーグレナは、テレビや新聞など様々な媒体で取り上げられています。最新の研究報告ではインフルエンザの症状緩和や痛風への改善効果などが取り上げられて、健康分野で期待されています。
新聞記事でも生活習慣病を予防、改善する効果があるといったことが取り上げられて、注目されています。
痛風に対しての効果では、プリン体の吸収抑制と排出に対しての特許を取得していますし、その他に肝臓の保護作用やコレステロールや中性脂肪の抑制が、発作の誘発を防ぐのではないかと言われています。
痛風はプリン体の摂りすぎが原因と言われていますが、実際には摂りすぎではない人でも発症することがあり、遺伝子の影響も考えられるため、原因がはっきりしていない病気です。薬はあるものの、再発しやすいです。

ユーグレナでプリン体を体外に排出する

まずユーグレナが痛風の改善に良いと言われている一番の理由が、パラミロンという成分によるプリン体の吸収抑制効果によるものです。
レバーやホルモンなどに多く含まれているプリン体は、痛風の原因になるということで、1日に400mgを目標に摂取制限をしています。
プリン体の吸着率を示すアデノシンと5′-AMPという値を調べたところ、ユーグレナを摂取した群ではどちらも3%アップしていたということです。
これは、パラミロンが食事で摂取したプリン体の吸収を抑制して、吸着させて体外に排出する効果が高いということの証明になっています。
パラミロンは食物繊維のように難消化性で体内では分解吸収されないので、便に混じって一緒に体外に排出することができるので、デトックス効果が得られます。

ユーグレナでメタボ改善

メタボは痛風の原因になります。糖質や脂質を摂りすぎてエネルギーが余ってしまうと、脂肪細胞に蓄積されて肥満になってしまいます。
メタボ傾向の人は美味しい味のものを好みますが、うま味成分はプリン体なので、摂りすぎになってしまうことが多いです。さらにビールなどのアルコールをたくさん飲んで脱水症状が加わることで、発作が起こりやすくなります。ビール自体のプリン体の量はそれほど多くないですが、気持ちが良くなって食べ過ぎてプリン体の過剰摂取になってしまうことも多いです。肥満を根本から改善させるのに、ユーグレナのパラミロンは力を貸してくれます。パラミロンはプリン体だけではなく、余分な脂質を吸収して排出してくれる効果があるので、血中の脂質代謝を改善して余分な脂肪を減らしてくれます。

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.