ユーグレナが痛風にいいって本当? | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ユーグレナが痛風にいいって本当?

ユーグレナが痛風にいいって本当?

尿酸値が高い人は要注意

尿酸値が高い人が発症するリスクが高い病気が、痛風です。
飲食物のうまみ成分であるプリン体の代謝産物が尿酸で、血中尿酸値が高くなりすぎると、個体として析出して、関節に溜まってしまいます。すると炎症を生じさせる物質が集まり、そこで激しい関節炎が起こり、激しい痛みを感じるようになります。
プリン体が多いのは、レバーやホルモンなどの内臓系、卵やイクラなどの卵系、カツオやマグロ、そのほか健康に良さそうな納豆にもビールジョッキの2倍以上のプリン体が含まれています。ただし、環境だけではなく遺伝的な要素もあるので、プリン体を大量摂取しなくても絶対に痛風にならないわけではありません。偏食の人の人がなることもありますし、水分不足をきっかけに突然発作が起こることもあります。

痛風の改善にユーグレナがいいのは本当か

痛風を改善させるには、尿酸を増やす原因になるプリン体の摂取量を減らすことと、尿酸を排出してあげること、の2つが重要です。
このうち、排出してあげるのにユーグレナが良いと言われています。大量培養に成功したベンチャー企業では、すでに「パラミロンのプリン体吸収抑制剤及び血中尿酸値低減剤」の特許を取得しているので、予防や改善に対してのデータがはっきりしています。
パラミロンはユーグレナ特有のデトックス効果がある成分で、プリン体の吸収を抑制しながら排出させるという画期的な働きをしてくれます。
また、肥満も痛風の原因になりますが、パラミロンには余分な油やコレステロールを便と一緒に体外に排出してくれる働きがあるので、肥満を予防して発作のリスクを軽減させるのにも役立ちます。

ユーグレナだけで改善できるか

ユーグレナに改善効果が期待できるからといって、ユーグレナだけを食べているというのは正しい使い方ではありません。
確かにビタミン、ミネラル、必須アミノ酸を含むアミノ酸、不飽和脂肪酸の合計59種類の栄養素を持っていますが、これ以外にも普段の食生活のバランスを整える必要があります。
「ユーグレナを摂取しているから、プリン体が多いものをたくさん食べても大丈夫」ということにはならないので、注意しましょう。
また、尿酸を排出させるためには水分不足を解消させることも大切です。水分が不足して脱水症状になると尿酸値が急激に変動して発作が起こりやすくなります。また、腎臓機能が低下している人はユーグレナの摂取でミネラルが過剰になってしまう可能性もあるので、医師に相談しましょう。

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.