高品質のユーグレナで肝臓病予防 | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > 高品質のユーグレナで肝臓病予防

高品質のユーグレナで肝臓病予防

肝臓を守るユーグレナ

ユーグレナとは、5億年も昔から地球に生息してきたミドリムシのことです。5億年も形を変えずに存在し続けているということは、相当高い生命力があるということになります。その生命力の強さの秘密が、最近になった次々と明らかになってきています。ユーグレナは大量培養が難しかったために、それほど関心を持たれなかったのですが、2005年に東大が、世界で初めて大量培養に成功しました。それからは大量供給が可能になり、盛んにその成分も研究されるようになりました。その結果、ユーグレナにだけ含まれるパラミロンという成分には、肝臓病を防ぐ効果があることもわかってきています。肝臓には解毒作用があることが、よく知られています。毒を扱う臓器ですから、その分傷みやすくもあります。ユーグレナの摂取で、状況を改善していきたいものです。

ユーグレナだけが持つ改善可能成分

肝臓病を防ぐパラミロンという成分は、ユーグレナだけに存在するものです。肝臓が解毒作業をおこなうと、活性酸素が発生します。その活性酸素を分解する作用を持つ酵素も、人体内には備えられているわけですが、有害物質が多くて分解作業が増えすぎると、この酵素もさすがに不足してきます。その酵素がないと、活性酸素は肝臓を傷つけます。活性酸素が有害であるというのは、よく知られているところです。これをいかに減らすかが、状況改善のカギとなります。肝臓の場合は、活性酸素分解酵素の働きを保たせることが状況改善につながります。それができなければ、やがては肝臓病になってしまうでしょう。ユーグレナにだけ含まれるパラミロンには、この活性酸素分解酵素の活性を、低下させにくくする効果があるとされます。

ラットの実験で明らかに

ラットを使った実験では、パラミロンを用いると、有害物質の分解で肝臓がダメージを受けることを防ぎやすくなることがわかっています。活性酸素分解酵素の活性も、低下しにくくなるようです。この酵素が活躍し続ければ、活性酸素は次々と消えていきます。有害物質が増えれば、肝臓はフル稼働し、そのたびに活性酸素は増えます。有害物質を摂らなければ良いことですが、現代社会に生きていて、そうするのはなかなか難しいことです。なるべく肝臓はいたわりたいところですが、酒を飲まないだけでは十分ではありません。予想もできないところで有害物質を取り込んでいることもあります。肝臓がそれをその都度分解してくれているわけですが、その肝臓を活性酸素の攻撃から守る方法がわかったからには実行していきたいものです。

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.