ユーグレナを定量摂取し、肝臓病を防ぐ | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ユーグレナを定量摂取し、肝臓病を防ぐ

ユーグレナを定量摂取し、肝臓病を防ぐ

ユーグレナの肝臓病予防効果

ユーグレナは、5億年も昔から、そのままの形で生存し続けてきた生命力にあふれた生物です。ミドリムシとも呼ばれ、植物でもあり、動物でもあるという珍しい特徴を持っています。そのためか栄養成分も豊富で、59種類も含んでおり、人間が必要とする成分をすべて網羅しているほどです。人は他にカロリーさえ摂れば、ミドリムシだけで生きていけるほどです。植物ですから、野菜に求められるような成分はすべて含んでいますし、動物でもあるせいか、青魚に多いEPAやDHAまで含んでいます。中でも注目されているのが、ミドリムシだけが持つ成分、パラミロンです。パラミロンは、肝臓が傷つくのを防ぐ効果があるため、肝臓病予防につながると期待されています。肝臓は解毒作用を担う大切な臓器です。守っていきたいものです。

肝臓の活性酸素除去に役立つ

ユーグレナにだけ含まれるパラミロンという成分には、肝臓の活性酸素分解酵素の活性を低下させにくくする効果があることが、ラットを使った実験で確かめられています。肝臓では、有害物質やウイルスなどの無毒化がおこなわれています。この働きがあるから、人は有害物質をうっかり摂取したり、ウィルスに侵入されたりしても、生きて行けるわけです。ただ、肝臓でその無毒化をおこなう過程で、活性酸素が発生します。肝臓には活性酸素分解酵素が備わってはいます。それによって、発生した活性酸素は無力化されます。肝臓はその酵素を使って、自らを活性酸素の害から守っています。しかし、有害物質やウィルスが多すぎたり、飲酒やストレスで肝臓が弱っていたりすると、活性酸素分解酵素もダメージを受けやすくなります。

活性酸素分解酵素の活性を保つ

ラットを使った実験では、ユーグレナ特有の成分であるパラミロンを用いた場合、活性酸素分解酵素の活性が低下しにくくなることがわかっています。活性酸素が活性化したままであれば、解毒作業が続いて活性酸素が次々と生まれても、その活性酸素はすぐ無力化され、肝臓は傷つけられずに済みます。肝臓の状態は改善し、肝臓病も防ぎやすくなるでしょう。ユーグレナに肝臓の状態を改善する効果があることがわかったからには、ユーグレナのサプリメントや青汁を継続摂取していきたいものです。ユーグレナの重量の1割はパラミロンです。肝臓の状態を改善するために必要な1日の所要量というのは、ユーグレナのサプリメントや青汁製品の説明書きに従って判断することになります。肝臓の状態改善のために、継続摂取していくことが望まれます。

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.