ユーグレナの色の違いと肝臓病への効果 | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ユーグレナの色の違いと肝臓病への効果

ユーグレナの色の違いと肝臓病への効果

白いユーグレナとは?

ユーグレナは別名ミドリムシといって、見た目は緑色です。
しかし、特定の成分が多くなるように改良されたユーグレナには、白色をしているものもあります。白いミドリムシというと変な感じですが、ユーグレナ特有の成分であるパラミロンの含有量を多く改良した結果、白色になったということです。
パラミロンは白い成分なので、パラミロンの含有量が多いユーグレナは白くなります。一般的なものはパラミロンの含有率が15%程度であるのに対して、白いものは含有率が45%以上と、3倍近くあります。
パラミロンはきのこなどに含まれているβ-グルテンの一種で、食物繊維のように体内に溜め込んだ余分な脂肪やコレステロールを排出してくれるデトックス効果があります。白いユーグレナを使ったサプリメントもあります。

肝臓病の予防と改善に

肝臓は解毒のために日々働いていますが、アルコールの過剰摂取やたんぱく質の不足、有害物質の影響などで解毒作用をフル活用しないといけなくなると、疲弊して機能が低下してしまうことがあります。
肝機能が低下すると様々な肝臓病のリスクが上がります。
アルコールの過剰摂取によって脂肪肝になったり、肝炎や肝硬変、肝がんなどの症状に進んでいくこともあります。また、解毒以外にもビタミンの吸収や脂肪の貯蔵など様々なことに関わっているので、肝臓がやられてしまって合併症を伴うケースも多いです。
肝臓病の予防や改善には、規則正しい食生活とたんぱく質の摂取、高ビタミンの摂取が重要だと言われています。それにぴったりなのが、ユーグレナです。59種類の豊富な栄養素を含んでいるからです。

アミノ酸とビタミンの補給

肝臓病の食事療法の基本は、たんぱく質とビタミンの摂取です。
ミドリムシには18種類のアミノ酸が含まれていて、脂肪肝を予防するスレオニンや体の組織を修復するリジン、その他にも必須アミノ酸含むアミノ酸を豊富に含んでいます。
また、ビタミンは14種類含まれていて、ビタミンB群とビタミンA(β-カロテン)は特に多く含まれています。ビタミンCはやや少ないですが、その他のビタミンは高い含有率です。
改善目的で栄養を摂取する場合、体に負担をかけ過ぎず、なおかつ高濃度の補給が必要になることが多いです。
水溶性ビタミンは大量に摂取しても吸収できなかった分はすぐに排出されてしまうので、毎日こまめに摂取する必要があります。
ユーグレナのサプリメントを利用すればアミノ酸やビタミンの補給ができるので、肝臓病の改善に役立つでしょう。

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.