ユーグレナで空を飛ぶ?インフルエンザへの効果 | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ユーグレナで空を飛ぶ?インフルエンザへの効果

ユーグレナで空を飛ぶ?インフルエンザへの効果

バイオ燃料としての期待

石油などのエネルギーの枯渇が心配される中で、期待されているのが植物や藻類を使ったバイオ燃料です。バイオ燃料は資源の枯渇の心配がなく、化石燃料と違って二酸化炭素の排出量を増やさないというメリットがあります。エコでクリーンな燃料として期待されていますが、エネルギー効率が悪いことが課題です。これに対して、ユーグレナもバイオ燃料の候補として期待が寄せられています。ユーグレナは光合成によって二酸化炭素を固定して成長しますが、この時に油脂分を作り出します。これがバイオ燃料として使えるということです。
ユーグレナが特に注目されている理由は、微細藻類のなかでも抽出と精製オイルが軽質で、ジェット機の燃料に適しているからです。
「いずれはユーグレナの燃料によってジェット機が飛ぶ日が来る」と期待されています。

インフルエンザの緩和にも

バイオ燃料として注目される一方で、健康分野ではインフルエンザに対しての症状緩和効果もあることがわかっています。
まだマウスを使った実験段階ですが、肺のなかでのインフルエンザウィルスの数の減少と、インフルエンザに罹患してからの生存率の向上が報告されています。
インフルエンザは場合によっては人を死に至らしめる恐ろしい病気ですが、これがユーグレナによって予防や症状を緩和できるとしたら、医薬品の力に頼らずに治せる日が来る可能性もあります。
ウィルスに対して効果を発揮しているのは、ユーグレナに含まれているパラミロンという成分です。キノコ類に多く含まれるβ-グルカンという食物繊維の一種で、無数の穴が空いた構造をしていて、ここに体内の余分なものを吸着させてデトックスする働きがあります。

パラミロンはユーグレナにしかない成分

パラミロンは、ユーグレナしか持っていない特別な成分です。余分なコレステロールや脂肪を吸着させて排出する効果が報告されていますし、さらにデトックス作用による腸内環境の改善も注目されています。
体の免疫を担う免疫細胞が生まれるのは腸内です。そして腸内細菌によって免疫細胞は教育されて全身に送り出されます。もし腸内環境が悪くて腸内細菌が減ってしまうと、そのぶんだけ優良な免疫細胞が減ってしまい、免疫力が下がってしまうことになります。
すると外部からの細菌やウィルスに対しての抵抗性が落ちて、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。
ユーグレナは腸内環境を整えることで免疫細胞を増やし、免疫力を向上させて、ウィルスに対しての耐性を向上させていると考えることもできます。

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.