ユーグレナはインフルエンザウィルスの生産性を抑える | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > ユーグレナはインフルエンザウィルスの生産性を抑える

ユーグレナはインフルエンザウィルスの生産性を抑える

ユーグレナの抗インフルエンザ作用

ユーグレナは、ミドリムシとして大昔から存在は知られてきましたが、健康成分が注目されるようになったのは、ごく最近のことです。2005年に世界で初めて、東大が大量培養に成功し、広く利用できるようになったため、手軽に高い効果が得られる素材として、俄然注目されるようになりました。研究は現在も進んでいて、その過程で、ユーグレナの抗インフルエンザ作用も確認されました。インフルエンザについては、新型ウィルスの出現がいつになるか常に懸念されていて、世界中が戦々恐々としています。しかし、ウィルスが頻繁に突然変異するのは止めようがないことであり、ひと冬ずっと人混みに出ないわけにもいきませんので、新型ウィルスへの感染は防ぎようがないでしょう。免疫力を高めているしかありません。

ユーグレナの免疫力アップ効果

東大のマウスを使った実験では、ユーグレナ粉末や、ユーグレナの持つ免疫力向上成分を抽出したものを与えると、インフルエンザに感染したマウスの生存率は上がることがわかりました。ユーグレナなしのマウスは、6日で生存率が10%ほどになったのですが、ユーグレナや抽出物質を与えられたマウスは、10日後も半分以上が生存していました。これは、インフルエンザウィルスの増殖が抑えられたことによるものです。ユーグレナを与えられたマウスでは、ウィルスの増殖が5割から7割に抑えられました。抽出物質を与えられたマウスでは、3割から5割でした。ユーグレナに含まれている免疫力アップ成分の絶大な効果が示されたと言えます。薬ではなく、天然成分でこれだけの効果が得られるというのは、画期的なことです。

人間への効果も期待される

マウスでそれだけ高い効果があったのですから、人間にもそうした効果が期待できるでしょう。冬は特に、ユーグレナ製品を摂取し続けたいものです。もはや予防接種には、インフルエンザを防ぐ効果が期待できないことが明らかになっています。統計を取り続けていた自治体は、予防接種をしてもしなくても結果が同じであったため、現在は集団予防接種を取りやめています。感染するのは避けようがないので、感染していかに悪化させないかを考えることが大事でしょう。悪化させない役割は、ユーグレナに期待できます。感染しても重篤化しないことが期待できるなら、薬ではなく健康食品であって、副作用の心配もなく安心ですから、ぜひとも継続摂取したいものです。現時点では免疫力を上げて、ウィルスを撃退するしか方法はないようですから。

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.