動物の栄養素を持つユーグレナで不妊を治す | 注目のミドリムシサプリ(ユーグレナ)サプリメント効果を一挙比較

ミドリムシ効果で、もっといきいき
> ミドリムシ関連記事 > 動物の栄養素を持つユーグレナで不妊を治す

動物の栄養素を持つユーグレナで不妊を治す

栄養バランスを整えたい人にユーグレナ

ユーグレナは光合成をする植物でありながら、鞭毛を使って動き回る動物でもあります。そのため2つの栄養素を兼ね備えていて、ビタミン、ミネラル、不飽和脂肪酸、アミノ酸、などの合計59種類の栄養素を小さな体に秘めています。
不妊の解消にはビタミンが必要と言われていますし、状態の良い卵子や精子を作るにはミネラルが必要です。
ユーグレナはビタミンが14種類、ミネラルが9種類も含まれているので、一種類で植物と動物の栄養素を摂取したいという人に向いています。
動物ではありますが、藻類の仲間で肉や魚のような味はしないので、肉や磯の香りが苦手という人でも抵抗なく食べることができます。
また、サプリメントが登場しているので、これを使えば味はほとんど気にならないでしょう。

ユーグレナが若返りホルモンを増やす

ユーグレナは、若返りホルモンであるアディポネクチンを増やすので、不妊解消に良いと言われています。アディポネクチンの量が少ないと、卵巣の皮が厚くなり、卵子が成長しづらくなります。また、アディポネクチンが少ないと卵子の排卵率が低下するという研究報告もあります。
健康な卵子を育てるためには、アディポネクチンを増やしてあげることが役立ちます。アディポネクチンはもともと体にあるホルモンですが、年齢とともに減少してしまいます。これに対してユーグレナを摂取することで若返り効果を発揮して、不妊を解消できるのではないかということで、期待されています。
35歳を超えると妊娠成功率がどんどん下がっていくので、アディポネクチンの増加を考えていく必要が出てくるかもしれません。

ユーグレナを定期的に摂取して不妊改善をしましょう!

有害物質を排出させてくれる

また、不妊の原因は体内の余分なコレステロールや重金属が影響を与えていることもあります。
食べ過ぎてコレステロールなどの余分な脂肪が増えたり、ダイオキシンや添加物によって重金属が蓄積していくと、体内環境が妊娠に適さないということで、妊娠できなくなってしまうこともあります。また、せっかく妊娠してもうまく育たないというケースもあります。
ユーグレナが持つパラミロンという成分には、コレステロールなどの余分なものを吸着させて排出してくれるデトックス効果があります。また、クロロフィル(葉緑素)も含まれていてこちらには有害物質を吸着させて排出してくれる効果が期待できます。
デトックスをして体内環境を整えることで、妊娠しづらい体質を解消することができる可能性があります。

≫ミドリムシサプリメントの人気ランキングはこちら

今話題のミドリムシとは
ミドリムシ関連記事
ページトップへ
Copyright © ミドリム人気ランキング All rights reserved.